ホームページ > オンラインBookStore > 大阪春秋第142号

書籍の詳細

osakashunju1142
▼書誌データ
発行2011年4月
ISBN978-4-88269-724-4
サイズ297mm×210mm
仕様A4判・120頁・並製本

大阪春秋第142号

―すみよし~住吉大社1800年―

編・著者

長山公一(大阪春秋編集室)

価 格

定価 1,080円 (本体1,000円+税)

書籍案内

●付録:「創刊十五周年記念 夕刊大阪新聞付録
大大阪区勢地図 最新の住吉区 都市計画路線入」

在庫状態 : 在庫有り

注文冊数

詳しい内容

巻頭随想 住吉さん 山田 政弥
春秋対談 越水 治VS橋爪 紳也 歴史は資料をして語らしめよ 不二出版 復刻版刊行の意義



なにわの食文化 おすしの今昔 梶  康子
(俳句)雪間 山尾 玉藻
昨年の伊丹市市制施行70周年に因んで「伊丹モダニズム 再発見」 坂上義太郎
(短歌)蜃気楼 山口美加代






 










特別寄稿 住吉大社御鎮座千八百年の歴史 真弓 常忠
住吉大社の石燈籠 神武 磐彦
住吉社と住吉社神主津守氏の軌跡 生駒 孝臣
夏のおはらい住吉祭 小出 英詞
住吉大社をめぐる画人たち 井溪  明
住吉大社界隈の文学 住吉っさんと小説家・詩人など 高橋 俊郎
船の守護神・住吉っさん -廻船人の世界を探る- 田野  登
住吉大社に花を添えた住吉新地 消えた花街の記憶をたどって 水知悠之介
住吉にあったニットーレコード 古川 武志
住吉大社参詣鉄道の軌跡をたどる -南海電鉄の前史的素描- 宇田  正
川端康成の名作『反橋』の真実 青木 茂夫
住吉さんと堺 中井 正弘
付録解説
創刊十五周年記念夕刊大阪新聞付録 大大阪区勢地図 最新の住吉区 市計画路線入
編 集 部
「住吉大社御鎮座千八百年記念大祭」のご案内
短歌(短歌春秋)
川柳(番傘川柳本社)
大阪現代作家数珠つなぎ24 大阪の七つの顔 上田早夕里
おおさかの女120 上方浮世絵館・館長 高野征子さん 泉  耿子
商都再考 大阪の問屋街を歩く7 木材のまち・平林 髙橋 愛典
こころに響いた関西人6
天王寺学園に筋金入れる 含羞の高僧、硬骨の教育者 -瀧藤尊教師さんを偲ぶ-
藤井 元秀
赤い灯青い灯から八十年 ☆道頓堀で輝いた男☆木下一郎さん6 吉田 利照
昭和のはじめ 大阪・阪神間の暮らし ~ある主婦の日記から~7 啓蟄、菜種盛りの頃 石原 佳子
フランス・ボルドーから里帰りした 百年前の堀江廓・絵はがきの謎 水知悠之介
翻刻 近世写本「淡路名高古狸物語」-道頓堀に芝居見物に来た淡路の狸の物語-最終回 田野 登
宮本 裕次
円成院(遊行寺)の芭蕉翁墓銘をめぐって 関西大学博物館所蔵拓本の発見と紹介 川添 英一
万葉サスペンス 石走る垂水の謎 古谷 啓伸
関西・芸術鑑賞日記 アートいえば交友39 松本 茂章
文化日誌
図書紹介 編集部に届いた本
大阪本新刊展望1 赤井三尋著『月と詐欺師』 高橋 俊郎