ホームページ > オンラインBookStore > 大阪春秋第137号

書籍の詳細

osakashunju1137
▼書誌データ
発行2010年1月
ISBN978-4-88269-702-2
サイズ297mm×210mm
仕様A4判・120頁・並製本

大阪春秋第137号

―大阪と奈良 平城遷都1300年によせて―

編・著者

長山公一(大阪春秋編集室)

価 格

定価 1,080円 (本体1,000円+税)

書籍案内

●付録:「大軌電車沿線名所図絵 吉野電車沿線案内」
(内外旅行案内協会『大大阪郊外案内』昭和2年より)

在庫状態 : 在庫有り

注文冊数

詳しい内容

巻頭随想 奈良と志賀直哉 山田 政弥
春秋対談 橋本 健治・南 一誠VS橋爪 紳也 モダニズム建築の傑作 大阪中央郵便局舎を市民の手で守ろう



池田人物誌のこと 田中 晋作 大阪の工芸と柴崎風岬 土井久美子
(俳句)春の立つ 日原 輝子 男でござる 津野 英男
(短歌)人生ゲーム 蓮井 澄子 大石順教二尼の長男「慈峰師」と「種子明さん」のこと 福山 琢磨







 














平城宮跡保存運動の先駆者 棚田嘉十郎の生涯 岩本 次郎
万葉集によまれた難波 栄原永遠男
平城宮と難波宮 小笠原好彦
奈良の都を救った行基 中井 正弘
わが恋うる奈良・唐招提寺 青木 茂夫
奈良県再設置運動と大和の人々 山上 豊
製薬業から見た大阪と奈良 -企業者史的視点から- 武知 京三
おおさかの女 薬師寺前管主夫人 安田順惠さんを訪ねて〈前編〉 泉  耿子
青丹よし寧楽へ、汽車から電車へ -大和への憧憬を乗せた鉄道の軌跡- 宇田 正
付録解説 大軌電車沿線名所図絵 吉野電車沿線案内 宇田 正
大和川 ~大阪と奈良をつなぐ川~ 山野 寿男
よみがえれ!生活文化景観 「暗越奈良街道サミット」大阪、生駒から奈良へ 暗越奈良街道クラブ
伊勢参宮本街道を歩く2 高井田~英田 吉井 貞俊
~はじまりの奈良、めぐる感動~ 平城遷都1300年祭が開幕!! 社団法人平城遷都
1300年記念事業協会
俳句(未央)
短歌(ひとまろ)
川柳(川柳塔社)
大阪現代作家数珠つなぎ19 大阪を憂う 堺  三保
商都再考 大阪の問屋街を歩く2 船場・生地卸「瀧定大阪」 髙橋 愛典
こころに響いた関西人1 長所生かしたら世の中ようなりまっせ -松下幸之助さんを偲ぶ- 藤井 元秀
赤い灯青い灯から八十年 ☆道頓堀で輝いた男☆1 吉田 利照
昭和のはじめ 大阪・阪神間の暮らし ~ある主婦の日記から~2 春を迎える 石原 佳子
“なにわ”の甘辛エッセイ あの『あまカラ』誌に名士の話題作を拾う1 増田 智子
大大阪と谷崎潤一郎 三島 佑一
淀屋と天満宮 神社記録から豪商の謎に迫る 蒲田 建三
大阪春秋〈「おおさかの神社」特集号〉に難点あり 足代健二郎
文化日誌
図書紹介 編集部に届いた本