ホームページ > オンラインBookStore > 大阪春秋第123号

書籍の詳細

osakashunju1123
▼書誌データ
発行2006年7月
ISBN4-88269-617-7
サイズ297mm×210mm
仕様A4判・120頁・並製本

大阪春秋第123号

―上方落語―

編・著者

神野茂樹(大阪春秋編集室)

価 格

定価 1,080円 (本体1,000円+税)

書籍案内

●付録:大正8年版「大阪落語演題見立番付」

在庫状態 : 在庫有り

注文冊数

詳しい内容

巻頭対談 有栖川有栖VS橋爪 紳也 中学生にして小説家を目指す



企業誘致で知る大阪の潜在力、そして空堀 寺西 章江 伝承と歴史のはざまの野田藤 藤  三郎
八十歳好日(俳句) 小島 宇人 梅田入掘に思う 酒井 一
標的(短歌) 大塚ミユキ







上方落語小史 露の五郎兵衛
寄席から演芸場へ -寄席小屋繁衰記- 相羽 秋夫
大阪落語史料 -昭和初期の史料三点- 肥田 晧三
新作落語とは… くまざわあかね
天満天神界隈の芸能―かつての賑わい 中川 桂
大阪府立演芸資料館(ワッハ上方)再訪 神野 茂樹
手作りの「寄席」をめぐる 栗本 智代
「田辺寄席」の32年をふりかえって…… 大久保 敏
「天満天神繁昌亭」に託されたもの やまだりよこ
復活!良子のスケッチ散歩10―天王寺詣り 高宮 良子
追悼講義録「桂文枝 わが落語人生を語る」 原田 彰子
手話落語一代 桂 福団治
おおさかの女(101) 女優・落語家 三林京子さん 泉  耿子
上方落語家系図 編 集 部
付録解説 大正八年版 「大阪落語演題見立番付」 大阪落語の財産目録 肥田 晧三
俳句(火星)
短歌(ひとまろ)
川柳(川柳塔社本社)
堺特集補遺 堺市内の戦争遺構ウォッチング 柴田 正己
研究ノート十人両替助松屋利兵衛寛文・延宝期の初代助利 境  淳伍
覇者カネボウの興亡 大阪近代史の光と影 松田 尚士
荷風と空堀 第2回『路地の淫祠』 本渡 章
大阪現代作家数珠つなぎ(5) 「咸臨丸と大阪の意外な関係」 植松三十里
直木三十五『大阪物語』「玉造」2 川口 玄
直木三十五つれづれ(9) 「直木三十五」自叙伝の周辺とペンネーム 福山 琢磨
研究ノート清水寺(新清水)の今昔(上) 岡倉 光男
大阪府文化財博物図鑑 須恵器の美・弥生土器の美1 西川 寿勝
関西・芸術鑑賞日記 アートいえば交友(22) 松本 茂章