ホームページ > オンラインBookStore > 大阪春秋第156号

書籍の詳細

osakashunju1156
▼書誌データ
発行2014年10月
ISBN978-4-88269-805-0
サイズ297mm×210mm
仕様A4判・120頁・並製本

大阪春秋第156号

―河内人の足おと―

編・著者

長山公一(大阪春秋編集室)

価 格

定価 1,080円 (本体1,000円+税)

書籍案内

●付録:発足70周年 近畿日本鉄道路線図 昭和19年発行

在庫状態 : 在庫有り

注文冊数

詳しい内容

巻頭随想 楠木正成の末裔 山田 政弥
春秋対談 山本竹彦 VS 橋爪紳也
ビルを造り、街を創り、時代を拓く ダイビル90年のあゆみ
(構成)
長山 公一



菊池寛と大阪芸術 鈴木 暁世 大阪を知ればもっとおもろい 奥村 武資
(俳句)海老江探訪 朝妻  力 周縁からの大阪 ―ステレオタイプ表象の一考察― 古東佐知子
梅田橋に碑はあったのか? 北野 大雅 (短歌)母のパラソル 伊与 和子
波平の「アホウ」が聞きたかった 三島 佑一










〔総論〕河内人の系譜―悪党と善人をめぐって― 石上  敏
〔悪の河内人〕道鏡 ―女帝と由義宮― 安村 俊史
〔悪の河内人〕楠木正成 ―河内の悪党― 小西 瑞恵
〔悪の河内人〕畠山義就 ―守護畠山一族と河内の戦国時代― 小谷 利明
〔河内人と神仏〕重源 ―狭山池改修と阿弥陀信仰― 平野  淳
〔河内人と神仏〕三箇アントニオ ―元和大殉教の勇者― 神田 宏大
〔河内人と神仏〕慈雲尊者 ―河内が育てた知の巨人― 石上  敏
〔近世の河内人〕森長右衛門貞靖 ―河内豪農の世界― 浜田 昭子
〔近世の河内人〕藤井四郎右衛門 ―海を越えた新田開発― 井上 伸一
〔近世の河内人〕楠岩五郎 ―河内のすもんとり(相撲取り)― 大西 英利
〔近世の河内人〕お染久松 ―野崎村のトポロジー― 石上  敏
〔河内の近代を生きる〕今東光 ―描かれた河内人の世界― 伊東  健
〔河内の近代を生きる〕川中誠三 ―河内の平賀源内― 石上  敏
〔河内の近代を生きる〕片山長三 ―考古学者の多様な貌― 伊藤 俊夫
〔河内の近代を生きる〕中谷作次 ―河内が生んだ稀代の新聞コレクター― 小田  忠
〔エッセイ〕俊徳丸・身毒丸 足代健二郎
〔エッセイ〕爺さんの夜咄 佐野 一雄
〔エッセイ〕創立三〇周年を迎える 河内の郷土文化サークルセンター 大東 道雄









司馬先生への「見計らい」―栗林書房・大和昭敏さん―
司馬先生の黒縁眼鏡 ―日本堂・上村省三さん―
「工房」への思い ―珈琲工房・河村 勉さん―
直筆の暖簾 ―桜井・櫻井俊明さん 育子さん―
ざるそばとカレー南蛮 ―末広・田中誠治さん―
コラム 靴のこと、下駄のこと
付録解説 近畿日本鉄道路線図 1944(昭和19)年発行 工藤 寛之
俳句(星座)
川柳(川柳塔社)
おおさか詩苑① かなの磐船 金堀 則夫
タニマチの精神ここにあり
~祖父、父、子 東成に息づく中村家三代、「まかしとけ!」の心意気
浅野詠子
商都再考 大阪の問屋街を歩く⑳ 砂糖のまち・堺筋 髙橋 愛典
おおさかの女133 歌人 濵本正女さん 泉  耿子
武藤治太のふらりひょうたん 第10話 谷口房蔵と田尻歴史館 武藤 治太
大阪現代作家数珠つなぎ38 百名城の一つとしての大阪城 美崎栄一郎
なにわの画伯 成瀬國晴氏に聞く⑩ おおさかの風俗画 橋爪節也
古川武志
長山公一
なにわの考古学最前線⑥ 大阪中之島蔵屋敷の考古学 地下から現れた「天下の台所」 豆谷 浩之
大阪の老舗と文化⑦ 京阪の中間、街道在郷の町 茨木の文化と老舗 前川洋一郎
追悼 大谷晃一氏 「大阪学」そのものの人生 高橋 俊郎
関西・芸術鑑賞日記 アートいえば交友53