ホームページ > オンラインBookStore > 孫たちへの証言第27集

書籍の詳細

magosho1027
▼書誌データ
発行2014年8月
ISBN978-4-88269-806-7
サイズ182mm×128mm
仕様B6判・260頁・並製本

孫たちへの証言第27集

―〝あの記憶〟を風化させてはならない【収録76編】―

編・著者

福山琢磨 編

価 格

定価 1,404円 (本体1,300円+税)

書籍案内

»言問橋下の隅田川で父と姉が犠牲に、母と私は助かる(清岡美知子)
»家族の一員だった愛馬「あお」の出征(藤澤 豊)
»語られなかった父の学徒召集と被爆体験(大曽根 邦彦)
ほか

在庫状態 : 在庫有り

注文冊数

詳しい内容

 

孫たちへの証言第27集 【収録76編】
目次 著者 住 所
(投稿時)
年 齢
(投稿時)
◆第一部 国内での体験
言問橋下の隅田川で父と姉が犠牲に、母と私は助かる 清岡 美知子 東京都練馬区 90
私たちは言問橋を渡って逃れるも父帰らず 斉藤 信子 神奈川県川崎市 89
東京大空襲~被災から学んだ生きる道 川島 正雄 東京都日野市 77
「東京大空襲」我が家も街ごと、怨念の火消えず 深津 泰蔵 東京都西東京市 83
東京大空襲焼夷弾を手で掴み外へ投げ出す 伊藤  稔 栃木市 82
空襲下を生き抜く。戦争は二度としないで! 庄司 芳江 東京都 84
東京大空襲、炎から守って下さった施設の人 草柳  翠 東京都 86
ゲートルを脱いだ日「うん、これで勉強できる」 滝本 重市 神奈川県秦野市 83
ダダをこね東京へ帰らなかった私だけが助かる 松原 慶子 埼玉県草加市 75
八王子大空襲の悲惨な渦に巻き込まれる 並木 幸雄 東京都昭島市 88
横浜大空襲、トンネルに入れてもらえず助かる 竹島 忠昭 東京都 85
終戦前日、秋田・日本石油製油所の猛爆に巻き込まれる 伊達崎 道子 新潟市 79
「長岡市爆撃」事前予告の米軍伝単拾う 緑川 真澄 東京都国立市 80
生きた心地がしなかった艦砲射撃を体験 加茂 昌子 山梨県南アルプス市 83
引率教師を発狂さすほどの衝撃音と無数の切手 林 美保子 愛知県小牧市 84
「終戦直前の手記」、〝もう駄目〟と観念したことも 黒須 富子 東京都 94
学童集団疎開から帰り大阪空襲の悲劇に遭遇 妹尾 昭人 千葉県野田市 78
大阪大空襲で奇跡的に焼け残った我が家今も 藤岡 冨愉子 大阪府富田林市 76
父経営の「錦湯」、アパートも焼く、家族は九人全員が無事 永井 新一 広島市 82
神戸大空襲、爆弾投下の中、生き延びたのが不思議 米澤 鈴子 兵庫県姫路市 84
母「死ぬ時は一緒」と防空壕に入らず 大川 百登栄 大阪市 80
召集二週間後に四日市空襲で部隊全焼し、解散帰宅 松下  昭 大阪府守口市 86
原爆地獄の中、看護婦として救護にあたる 奥谷 美枝子 鳥取県 88
勝利を信じ家族ぐるみ一心不乱に闘う 渡辺 陽子 鳥取県境港市 82
消えた町――福岡大空襲の夜 門田 照子 福岡市 79
長兄は広島で被爆、次兄は沖縄で戦死 保坂 和子 東京都 78
与論島沖で父の乗った船が撃沈されるのを目撃 原田 泰年 大阪府守口市 80
陸軍の八尾飛行場で整備士。燃料は片道のみ 吉川 晋吾 大阪府東大阪市 85
信州に疎開した精華高等女学校の学校工場 小森 恵己子 横浜市 84
動員の赤羽造兵廠で〝証拠隠滅〟の炎見る 狐崎 トシ 東京都小平市 83
疎開者はたたかれても負けない 高橋 由子 山形市 82
「富士丸の遭難」二人の文の奇跡に出会う 廣繁 喜代彦 東京都 85
◆第二部 国外での体験
家族の一員だった愛馬「あお」の出征 藤澤  豊 札幌市 80
敗戦を知らず、ビルマのジャングルで戦い続ける 神田 敏彦 福岡県宇美町 95
妹失うも新潟刈谷田開拓団から決死の逃避行 星野 理絵 新潟県美附市 77
興南・日本窒素肥料の社宅で過ごすも暗転の逃避行 鴨井 享子 岡山県倉敷市 88
赤ん坊(私)は奇跡的に生き続け死ななかった 村上貴美子 兵庫県伊丹市 68
朝鮮総督府で敗戦の報聞く。その後の逃避行 ウィルソン千恵子 米国カリフォルニア州 86
朝鮮で生まれた十四歳の少女、死線を越え帰国 山本 寿子 兵庫県加西市 83
大連で生まれ敗戦後の満州で激浪の日々 外崎 康宏 千葉県我孫子市 77
恐怖の引揚げ体験、今も思い出す 池田 要子 新潟市 80
弟は水葬になるも私は瀕死の淵で生かされた 矢満田 智康 埼玉県狭山市 78
戦後、鞍山市霊山区で暴民に家族が何度も襲われる 佐藤 元子 神奈川県川崎市 79
人間を餓鬼道にした満州での極貧生活 石井 幸子 水戸市 80
悲劇は戦争終結後のシベリア抑留体験 中島 修一 東京都三鷹市 88
◆第三部 亡き人たちの証し
語られなかった父の学徒召集と被爆体験 大曽根 邦彦 水戸市 55
戦中の厳しさを教師として生き抜いた母の遺稿 平出 有子 埼玉県所沢市 71
結核の弟に母の叫び「政雄ここへ帰っておいで」 佐藤 ふさゑ 東京都 78
「お父さんはお星さまになったのよ」 田村 ひろ子 神奈川県 74
父戦死で運命狂うも、しっかり支えてくれた母 小川 美代子 東京都八王子市 79
ガダルカナル島を家族で訪れ散骨 阿部 フミ子 宮城県登米市 83
◆第四部 戦後、それからの私たち
戦後の広島を原爆にしがらみの中で生きた我が家族 中本 芙媄代 広島市 78
敗戦後の傷病兵受入れで倒れ、身障者に 平城 エミ 鹿児島県伊佐市 87
◆第五部 特別編
血書を書いて志願した回天特攻・塚本太郎君を憶う 小俣 嘉男 東京都 93
駆逐艦「桑」、オルモック湾で敵駆逐艦と交戦沈没 山本  貢 山口県熊毛郡 95
ポナペ島から死線を越え沖縄へ、さらに激戦の渦へ 上江洲 清 兵庫県尼崎市 75
玉砕のテニアンで艦砲射撃の恐怖にさらされる 松田 朝徳 沖縄市 79
「忘れ得ぬ幼児の記憶」を記録に描き残す 五味 和男 北海道帯広市 75
「鉄の赤いぼたん雪」生と死の別れ路 山田 はつ江 京都市 90
戦争は敵愾心を植え付け人間を野獣に変身させる 石川 クニ 福島県二本松市 94
◆第六部 学童疎開の記憶
東京都は他県より早く五月に学童疎開を実施 木村 良夫 さいたま市 80
虚弱児童施設の「健康学園」(伊東)に集団疎開 吉岡 博之 横浜市 82
台湾での疎開学園、陸軍の砲弾運び手伝う 北原 幸夫 福岡市 80
沖縄県宮古郡池間島から台湾に疎開 與那覇 正子 沖縄県浦添市 81
韓国の京城でも学童集団疎開行われる 田中 律子 広島県廿日市市 80
学童疎開船「対馬丸」の悲劇、私もあわや 源河 圭一郎 那覇市 78
空腹で番長の食支配、クーデター騒ぎに 近藤  穣 埼玉県入間市 78
名刹、静岡奥山の「方廣寺」に五百人が集団生活 中野 登美 東京都 79
富士のふもとへ疎開、東京に帰り空襲に遭う 新井 利子 東京都 81
過酷!集団疎開から帰阪し大空襲に巻き込まれる 大海 一雄 神戸市 81
終戦前日、疎開した我が家の家の隣家に爆弾、あわや 両角 サヨ子 千葉県市川市 80
学童疎開、地元の人々の温かい心遣いに感謝 勝山  正 千葉市 82
よい体験になったが、二度とあってはならない 岡本 治子 山口県岩国市 78
学童集団疎開、忘れられない腹ぺこの辛さ 堀  幸夫 神奈川県川崎市 80
疎開地も戦場だった――「集団疎開日記」から 木下  務 東京都 81
最年少の寮母、学童と共に過ごし母代わりにも 中村 千鶴子 大阪市 88