ホームページ > オンラインBookStore > サブロー 孫への絵てがみ

書籍の詳細

jibunshi1005
▼書誌データ
発行2013年6月
ISBN978-4-88269-781-7
サイズ210mm×148mm
仕様A5判・207頁・並製本

サブロー 孫への絵てがみ

編・著者

岡田 三朗 著

価 格

定価 2,057円 (本体1,905円+税)

書籍案内

カッターナイフ『オルファ』の発明者・岡田三朗さんの絵手紙風自分史。中学卒業後、大阪の印刷所に住み込みで働く。お酒のラベル作りを手がけている時、安全カミソリで切っていたがすぐ切れなくなる。どうすればよいか兄と相談しながら、ついにカミソリを折って使う方法を考え出した。こうして『オルファ』は南区のアパートの1室で誕生し、いまや世界のヒット商品となった。その物語を著者独自の絵手紙風に描きあげた。

在庫状態 : 在庫有り

注文冊数

詳しい内容

目次

  • 第一部 幼少のころ
  • 第二部 疎開生活
  • 第三部 大阪で働く
  • 第四部 「オルファ」と共に
  • 第五部 ボランティア活動
  • 第六部 楽しいひととき

著者略歴

岡田 三朗(おかだ・さぶろう)
昭和9年4月19日、大阪で生まれる。
戦時中は南大江国民学校から滋賀県に学童疎開。昭和20年3月13日の大阪大空襲での自宅消失後は、父方の親戚である白浜で過ごす。25年、白浜中学卒業後、大阪の酒用ラベル印刷店に就職。30年から兄良男と共にオルファの開発に専念する。31年に特許を申請、34年「岡田商会」を設立、42年四兄弟で「岡田工業」、59年「㈱オルファ」に社名を変更、世界ブランドとなる。
平成11年65歳で定年退職、以後、各種ボランティア活動で現在に至る。